利用規約

第1条。 適用性、契約の形成

1.1. これらの一般的な条件は、すべての契約、法的関係、および有限責任を有する民間企業による「ミステリーレビューB.V.」、ヒルフェルスムに登録事務所を持つ、以下「ミステリーレビュー」と呼ばれるに適用されます。

1.2. クライアントによる一般的または特定の(購入)条件の適用可能性は、ここにミステリーレビューによって明示的に拒否され、したがって適用されません。

1.3. ミステリーレビューによるすべてのオファーまたは引用は、特に明記されていない限り、義務なしです。 オファーまたは見積書に用語が記載されている場合、この用語はオファーまたは見積の有効性のみを参照し、その確約には影響しません。

1.4. 明示的に合意しない限り、ミステリーレビューとクライアントの間の合意は、クライアントによる見積の完全な受け入れによって締結されます。 受入は、クライアントによる注文確認の署名または見積書の受入ページによって行われます。

1.5. オファーの受け入れがオファーの条件と異なる場合、ミステリーレビューは古いものを置き換える新しいオファーを発行する権利を留保します。 その場合、古いオファーは無効になります。 クライアントは、上記と同じ方法でそのオファーを受け入れることができます。

1.6. クライアントによる契約の実際の開始は、ミステリーレビューによって発行された請求書の支払いを含むがこれらに限定されない、これらの一般利用規約の承諾を条件とします。

第2条。 契約の実行

2.1. クライアントは、契約の実行に必要なすべての情報とデータをタイムリーかつ無料でミステリーレビューを提供する必要があります。 お客様は、前述のデータの正確性を保証し、保証します。 クライアントは、クライアントが提供するすべてのデータおよび情報のコンテンツ、正確性、完全性、および一貫性に起因する潜在的な問題またはクレームのリスクを責任を負い、受け入れます。 さらに、お客様は、契約の履行に影響を及ぼす可能性のある事実または状況について、期限内にミステリーレビューに通知する義務があります。

2.2. 契約の実施に必要な情報が、契約に従ってタイムリーに、またはまったく提供されていない場合、またはクライアントおよび/またはそのサプライヤーが、適切または展開を含むがこれらに限定されない義務を果たすことができない場合、ミステリーレビューは、彼女の義務の履行を停止する権利があります。

2.3. ミステリーレビューによっていつでも与えられたすべての配達時間は概算時間とみなされるべきであり、決して確固たる条件として考慮されることはありません。

2.4. クライアントミステリーレビューのための最良の結果を達成するために、その知識と能力の最大限にその義務を果たしています。

2.5. 契約の一部ではない職務は、お客様による事前の書面による承認の後にのみ実行されます。

第3条。 価格とレート、請求と支払い

3.1. すべての価格とレートは、VATおよび当局によって課されるその他の課税を除いて、ユーロで示されています。

3.2. ミステリーレビューは、毎年そのサービスの価格と料金を上げる権利があります。 継続的なパフォーマンス契約の場合、クライアントは、増分が前年と比較して3%を超える場合に契約を終了することができます。

3.3. すべての請求書は、請求書の日付の14(14)日以内にクライアントによって支払われるものとします。 記載された条件の範囲内での支払いの欠如は、リマインダーや公式の通知なしに、クライアントがデフォルトであることを意味します。 このような場合、他のすべての保留中および未処理の請求書は、支払いおよび支払いになります。 さらに、ミステリーレビューは未払いの請求書に対する法定事業上の利益を受ける権利があります。 上記のすべては、クライアントから追加の損害賠償を請求するミステリーレビューの権利を損なうことなく。 これには、すべての合理的な超法規的費用が含まれます。

3.4. 契約の履行に関する(申し立てられた)誤った請求書または(申し立てられた)不備に基づく潜在的な請求は、請求日または契約の実行から7営業日以内にミステリーレビューによって書面で受け取られなければならない。 この期間内に受信されなかった場合、請求書に関する請求は失効します。

3.5. 契約が発効した瞬間、ミステリーレビューは、合意された合意された金額の25%(25%)を請求しますが、合意された金額が€5.000(5,000ユーロ)の付加価値税の量を超えない場合、合意された契約の金額は、契約が発効した後であり、ミステリーレビューによって一度に請求されます。 ミステリーレビューは、この段落の前文に記載されている金額が支払われるまで実行する義務はありません。

3.6. ミステリーレビューが場所を訪問し、その場所が閉鎖された場合、またはそこに誰もいない場合、この情報は事前にミステリーレビューに開示されていなかった場合、ミステリーレビューは合意された活動の価格および/または料金を請求する権利があります。

第4条。 知的財産権

4.1. 契約に従ってすべての知的財産権は、別途合意されない限り、顧客が開発または利用可能にした場合、ミステリーレビューに専有します。

4.2. クライアントは、ミステリーレビューが「研究年のミステリーレビュー月」と呼ばれている限り、クライアントのためにミステリーレビューによって行われた < 研究 > < 結果を明示的に提示または公開することが許可されています > 。

4.3. 本稿の第1項に定める知的財産権の保持は、特に(オンライン)アンケートに適用されます。 したがって、クライアントは、ミステリーレビューの事前承認なしに(オンライン)アンケートを使用または再利用することはできません。

第5条。 非開示、機密保持

5.1. 情報または文書は、一方の当事者によってそのように指定されている場合、または他方の当事者が事実に関する知識を持っているか、または情報または文書が機密であると推測できる場合、機密とみなされます。

5.2. 当事者及び当事者の職員は、契約の規定に従ってのみ、受領または利用可能にされた機密情報を利用しなければならない。 第三者が本資料を入手したり、相手方の事前の承認なしに使用を承認したりしてはならない。 当事者及び関係者は、不正使用及び開示から保護するために必要な予防措置を講じる。

5.3. この記事の規定は、一方の当事者が裁判所命令または政府令に従って機密情報を公開しなければならない場合には適用されません。

5.4. ミステリーレビューは、そのウェブサイトまたは商業資料でクライアントの商品名、絵画マークおよび/または単語マークを使用して、ミステリーレビューが活動をレンダリングし、クライアントのための(a)ソリューションを達成したことを実証する権利があります。 ここにクライアントは、ミステリーレビューに許可を与えます。

5.5. 本条の規定は、当事者が契約を締結する前の期間、および終了理由に関係なく、終了後の期間に mutatis mutandis を適用します。

第6条。 個人データの処理

6.1. ミステリーレビューは、その管理および管理目的のために必要とされるクライアントの個人データを使用し、ミステリーレビューの内部登録システムに含める権利があります。

6.2. GDPRおよび適用される法令に基づき、個人データの処理の文脈の中で、当事者は以下の役割(関連する責任を含む)を認識し、区別します:クライアントはコントローラーであり、ミステリーレビューはプロセッサとみなされ、個人データを処理するミステリーレビューによって契約された第三者はサブプロセッサとみなされます。

6.3. ミステリーレビューは、契約の実行の文脈で、代理およびクライアントの指示に従って個人データを処理します。 したがって、ミステリーレビューは、個人データを独自の目的のために処理したり、第三者に提供したりすることはできません。 ミステリーレビューは、クライアントの個人データの処理に関するクライアントの指示を可能にフォローアップします。

6.4. お客様は、個人情報の内容、同意された使用、および処理の割り当てが違法ではなく、第三者の権利を侵害しないことを保証します。 お客様は特に、個人データの特別なカテゴリーのサービスの使用によって処理されないことを保証しなければなりません。 クライアントは、ここに関連するすべてのクレームに対して、ミステリーレビューを無害に補償し、保持します。

6.5. お客様は、個人データを損失から保護するため、またはあらゆる形態の不正な処理から個人データを保護するために、GDPRに従って適切な技術的および組織的措置を講じます。 これらの措置により、技術の現状と実装コストを考慮して、保護される個人データの処理および性質に代表されるリスクに適したレベルのセキュリティを確保します。 この措置は、不必要な収集と個人データのさらなる処理を目的としています。

6.6. ミステリーレビューは、違法な処理から個人データを保護するために適切な技術的および組織的措置を講じます。 これらの措置は、技術の現状とそれらの措置を実施するためのコストを考慮に入れて、適切なレベルの保護、処理のリスク、および個人データの性質を考慮して保証します。 また、個人データの不要な処理を防止することを目的としています。

6.7. クライアントは、この契約の期間中、上記の措置を監査することができ、その監査はクライアントが独立した第三者によって実行することができる。 ミステリーレビューは、以下の場合に関して、このような監査に協力することを保証します。 (i) 監査自体の費用はクライアントが負担する。 (ii) 協力に関するミステリーレビューの費用および/または時間(スタッフの時間を含む)は、クライアントが負担します。 (iii) 監査は、暦年に複数回実行されません。 (iv) データの損失など、監査の正当な理由があります。そして (v) 監査の範囲はクライアントによって提供され、監査は前述の範囲に限定されます。 ポイント (iii) (iv) および (v) 監査役の調査による監査役の場合は適用されません。 ミステリーレビューは、個人データを処理するミステリーレビューの下請け業者によって監査が行われることを保証することはできません。

6.8. ミステリーレビューは、そのサービスをレンダリングする過程で下請け業者を使用することができます。 クライアントの最初の要求にミステリーレビューは、サブプロセッサのリストを提供します。 ミステリーレビューは、独自の裁量と判断の変更および/またはリストを拡張することができます。 ミステリーレビューが新しいサブプロセッサでリストを拡大または変更した場合、クライアントは意図された下請け業者を使用する少なくとも2週間前に通知され、提案された新しいサブプロセッサに異議を唱える機会が与えられます。

6.9. ミステリーレビューが、データまたはセキュリティ侵害のためにクライアントの個人データが侵害されたことを疑うか、または知っている場合、ミステリーレビューは遅滞なくクライアントに通知します。 この通知に対して、クライアントは、データ主体および監督当局に通知すべきかどうかを個別に評価します。 クライアントは、通知する法的義務に対して責任を負います。 ただし、ミステリーレビューは、個人データの処理に関する適用法および規制に基づく義務を履行するために、クライアントを支援する意思があります。

6.10. データ主体が一般データ保護規則に基づき、その権限を呼び出した場合、要求はクライアントに転送されます。 クライアントはデータ主体の要求をフォローアップします。 ミステリーレビューは、前方に関するデータ主体に通知し、クライアントのさらなる指示を待ちます。

6.11. 契約/注文の期間の満了後、または個人データの記載された処理期間または契約/割り当てミステリーレビューの終了は、お客様に個人データを削除する前に個人データを取得する機会を与えます。

6.12. 本稿の前項は、GDPRに従った基本的なデータ処理契約とみなされます。

第7条。 権利及び義務の譲渡、下請け

7.1. お客様は、ミステリーレビューの事前の書面による許可なしに、第三者に権利と義務を譲渡する権利を有しません。 上記の許可は、ミステリーレビューによって不当に差し控えることはできません。

7.2. ミステリーレビューは、契約を締結する際に、外注または人材の採用によって、第三者を利用する権利があります。 ミステリーレビューは、前条に記載されているとおり、これらの第三者と秘密保持義務を負うものとします。

7.3. ミステリーレビューは、契約に基づくすべての権利と義務を制限なく第三者に譲渡する権利を有します。 クライアントは、できるだけ早く通知されなければならない。

第8条。 帰属および帰属しない欠点

8.1. 契約の履行またはその他の理由の帰属欠点によって引き起こされるミステリーレビューの合計責任は、VATを除く契約に合意された金額に規定されている金額までの直接損害賠償に限定されます。 契約が継続的な履行契約である場合、負債はVATを除く1年間の契約に合意した金額の半分までの補償に制限されます。 何の場合も、ミステリーレビューへの直接損害賠償の合計は€40.000(4万ユーロ)以上でなければなりません。

8.2. 間接的損害、結果的損害、失われた利益、失われた貯蓄、のれんの損失、事業中断による損害、顧客の請求による損害、商品の使用に関連する損害、手続き、材料、ソフトウェア、クライアントがミステリーレビューに指示したサプライヤーに対するミステリーレビューの責任は除外されます。 データまたは文書の切断、破壊または損失による損害賠償責任も除外されます。

8.3. 前述の除外および制限は、損害が故意の不正行為またはミステリーレビューのトップレベル管理の意識的な無謀さによって引き起こされる場合には適用されません。

8.4. ミステリーレビューによるコンプライアンスが永久に不可能でない限り、契約の帰属欠点に対するミステリーレビューの責任は、クライアントがすぐにデフォルト状況のミステリーレビューに通知し、ミステリーレビューに状況を改善するための合理的な期間を与え、その期間の後にミステリーレビューがその義務を遵守しないことに責任を負う場合にのみ有効です。 通知は、ミステリーレビューが適切に対応する機会を持つことを得るために、実行の失敗の詳細かつ完全な説明を与える必要があります。

8.5. 本条の規定およびこれらの一般的な条件で指定されたその他の制限および責任の除外は、契約の履行中にミステリーレビューが使用するすべての人または法人の利益のためにも当たり前のものであります。

8.6. ミステリーレビューは、ミステリーレビューが非難できない状況、法律、法の下、または一般的かつ負担の大きい意見のためにこれを妨げられた場合、いかなる義務も負う義務はありません。 ミステリーレビューがクライアントに対して不可抗力を呼び出す場合、ミステリーレビューはこの問題に関してできるだけ早く書面でクライアントに通知しなければなりません。

8.7. ミステリーレビューの帰属しない欠点(不可抗力)の下で、とりわけ、人員の不足、人員の病気、ストライキ、交通混乱、データと文書の損失、停電、商品やサービスの遅い配達のために義務を適切に果たすことができないと理解されています。、クライアントが提供する材料、ソフトウェアまたは機器の不適当で、ミステリーレビューによって使用されます。

第9条。 期間と終了

9.1. この協定は、当事者が協定を締結した時点で発効するものとする。 契約が継続的な履行契約でない場合、両当事者の義務が合意に従って実行されると、契約は終了します。 契約が継続的なパフォーマンス契約である場合、段落 8.2 ~ 8.4 が適用されます。

9.2. 見積または注文確認で指定された期間に対して契約が締結されます。 期間を指定しない場合、期間は 1 年に適用されます。

9.3. 契約の(初期)期間の満了後、契約期間の終わりから30日の通知を考慮して契約を終了しない限り、契約は最初の期間と同じ期間延長されます。

9.4. 継続的なパフォーマンス契約の早期終了は、ミステリーレビューの明示的な許可なしには不可能です。 ミステリーレビューは、そのような許可を得て追加の条件を提起することができます。

9.5. 契約で合意されたにもかかわらず、ミステリーレビューは、書面で、または事前の通知なしに、全体または一部で契約を直ちに終了する権利があります。
A。 クライアントの義務またはクライアントによるコンプライアンスの履行に起因する欠点が生じた場合、不可能です。
B。 ミステリーレビューに明らかな場合、クライアントは立場に立たないし、義務を果たす意思もない。
C。 クライアントが支払いの停止状況を申請した場合、この停止を認められたか、破産を申請した場合、破産を宣告された場合、会社を清算しようとしている、運営を中止する、または他の方法で破産しているように見える場合。
D。 ミステリーレビューがクライアントとの協力によって風評被害を受ける場合、またはさらなる協力がミステリーレビューの予見された風評被害につながる場合。

9.6. 上記のような解約の場合、ミステリーレビューは損害賠償の一切の責任を負うことはできません。 クライアントは、前項に記載されているように、解散に関連して生じる可能性のある第三者の主張に関して、ミステリーレビューを無害かつ補償する義務があります。

9.7. 第8.5項に従って終了した場合、クライアントは、完全な補償を請求するミステリーレビューの権利にもかかわらず、ミステリーレビューによって行われた費用を直ちに払い戻す義務があります。

9.8. 上記の契約の解散または終了時に当事者が既に活動を行い、提供している場合、このパフォーマンスおよび接続された支払いは、取り消す義務の対象とはなりません。

9.9. その性質上、終了を生き延びることを目的とした義務は、引き続き有効です。 契約の終了は、当事者に対して、機密性、知的財産権、適用法、管轄裁判所の対象者を明示的に免除しません。

9.10. ミステリーレビューがクライアントにオンライン環境へのアクセスを許可した場合、アクセスは終了後3ヶ月後に取り消されます。

第10条。 適用法、管轄裁判所およびその他の規定

10.1. これらの条件が適用される契約に起因するすべてのオファー、契約および合意は、オランダの法律の対象となります。

10.2. 当事者は、調停を通じて紛争を断固として取り締ることが好ましい。

10.3. 当事者が調停を通じて合意に関する紛争を断固として申し立てることができない場合、当事者はミステリーレビューが登録事務所を持つ地区(「区」)の管轄裁判所に紛争を提出します。

10.4. 矛盾条項の場合、注文確認は本一般条件に優先され、本一般条件および本規約は見積に適用されます。

10.5. これらの一般利用規約の規定が無効または無効と宣言される限り、当事者間の他のすべての条件は有効のままです。 このような場合、当事者は、無効または無効な条件に可能な限り対応する新しい条項のセットに同意します。

私たちは、すべてのあなたのグローバルな場所、損失防止と1つの傘の下でミステリーショッピングを扱う唯一の謎のショッピング会社です。 当社の積極的なブランドの確実性プロセスは、これらのデータセットを組み合わせて、リスクと改善の機会がある場所を示すインスタント、内部、およびブランドのビューを提供し、ブランドを促進するためのよりスマートな戦略的意思決定を行うことができます。